安斉かれんの経歴&プロフィール!あゆに似てるのは整形? 【画像】

 

シンガーソングライターの安斉かれんさんが、浜崎あゆみさんの著書「M 愛すべき人がいて」のドラマであゆ役として抜擢されましたね。

令和元年5月1日にエイベックスからデビューした安斉かれんさんは、表に出ないことから、バーチャルか?またあゆに似ているのは整形?とも噂されています。

そんな安斉かれんさんのプロフィールや、あゆ似の整形疑惑についてまとめていきます。

 

 

安斉かれんさんの経歴&プロフィール

安斉かれんさんは、avex(エイベックス)に所属するシンガーソングライターで、ちょっと変わった売り出し方をされてます。

令和元年にデビューしたあと、基本はバーチャルで出演し、浜崎あゆみさんのドラマ「M 愛すべき人がいて」に向けて温存していた感もありますよね。

 

安斉かれん さんプロフィール

名前:安斉かれん (あんざい かれん)

生年月日:1999年8月15日 (20歳、2020年3月現在)

出身:神奈川県藤沢市

血液型:B型

 

セレクトショップRELECT by RUNWAY channel Labの店員

 

2019年3月16日から5月中旬までの期間限定ショップの店員としてアルバイト。こちらはエイベックスが手掛けた次世代ギャル向けの古着屋です。

 

コスメティック・ブランドM・A・ C/店頭コレクションビジュアルのモデル

2019年4月から3ヶ月間、コスメブランドM・A・C(マック)のモデルをつとめます。

M・A・C(マック)は、どちらかというと、くっきりはっきりのモード系、マットな感じなイメージのブランドなので、そういうコスメが好きなんでしょうか。

 

CD3部作 安斉かれんさん作詞

デビューから3部作でいくと決めていたのでしょうね。

高度なARが実現した近未来の『Immersive Society 3.0』を舞台に、仮想空間に再生されたバーチャルな存在と自分を見失いそうになる恐怖と未来への不安な気持ちとの戦いを描いている。

どれも、バーチャル感が全面に漂うMVとなっています。

 

1  「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」

 

2 「誰かの来世の夢でもいい」

 

 

3「人生は戦場だ」

2019年10月1日リリース、アニメ「ブラッククローバー」のエンディングテーマです。安斉かれんさんは原作のファンで、コメントがこちら。

原作のファンであったという安斉は、“黒の暴牛のみんなの真っ直ぐな気持ち、仲間を信じる姿勢は、いつも私に勇気をくれます。そんな大好きな作品のエンディング曲を歌わせて頂き光栄です。

今回の楽曲は、逆境に立ち向かう辛さや勇気を綴った、まるで、アスタそのもののような歌なので、物語に添えて流れた時に何か伝わることがあれば、嬉しいです!”

引用:https://okmusic.jp/news/356451

 

曲は、エイベックス感満載ですね~。

このバーチャル感が実在するの?という噂になってしまったんでしょうね。

 

 

安斉かれんさんの整形疑惑?あゆに似ている?

デビュー当初から安斉かれんさんは浜崎あゆみさんに似ているとも言われていたようです。

エイベックスが令和の歌姫=第2のあゆとして売り出そうとしていたこともあって、似ていると言われてしまったんでしょう。

メイクや髪型もあゆに寄せているようにも見えますし。

 

整形疑惑について、写真を見ると・・・

メイク好きということもあって、バッチリメイクをしているからのようです。

特に鼻すじのハイライトは自ら「オタク」と言うほどに欠かせないようですよ。

引用:https://girlswalker.com/archives/228693/

 

また、このメイクでハーフでは?という噂もありますが、ピュア日本人で整形はしてないと思われます。

 

 

安斉かれんの経歴&プロフィール!あゆに似てるのは整形?まとめ

安斉かれんさんは、2019年5月にデビューして半年ちょっとなのに、浜崎あゆみ役に抜擢されるとは凄いですね!

安斉かれんさんの今後の活躍も楽しみです。