効率アップ

Subtotal とSumの違い フィルタを使うと集計値に差が出る

よく使われる関数のひとつに「集計」があります。

Subtotalでは単なる合計以外にも、いくつかの集計が使えてとっても便利な関数なので、是非使ってみてくださいね。

集計する関数としてのsubtotal、sum

2つの関数の集計値は同じ値になります。

 

フィルタを使う

該当の商品だけ、日付だけ集計したい場合がありますよね。

今回は「orange」だけ集計してみます。

そうすると、sumでは先程の全体の合計が、subtotalではorangeだけの合計が集計されるんです。

次は、Bスーパーで集計してみます。

このことから

  • SUM               常に全体の集計値
  • SUBTOTAL     見えている範囲の合計値

 

いろんな集計ができるSubtotal関数

先程のSubtotal関数、実は「9」という引数が入っています。

「9」は合計という意味なんです。

エクセルに「=subtotal( 」とカッコまで記入すると、下記のように、どの集計方法にするか選べます。

なかでも特に使うのはこちらになるのではないでしょうか。

1 AVERAGE 平均値
2 COUNT データの個数
3 COUNTA 値の入ったデータの個数
4 MAX 最大値
5 MIN 最小値
9 SUM 合計

 

Subtotal関数は小計を除外する

小計を2箇所に追加してみました。

SUMとSUBTOTALでは数値が違っていて、SUMはそのまま「合計値」

Subtotalは途中にある小計を除外(抜いて)集計してくれるんです。

いろいろな使い方ができるので是非ためしてみてください(*´∀`*)