アニメ

【訃報】高橋和希の死因や理由は何?名護市のどこでシュノーケリングしてたの?

【訃報】高橋和希の死因や理由は何?名護市のどこでシュノーケリングしてたの?

 

2022年7月7日、遊戯王の作者である高橋和希(59)さんが沖縄の名護で亡くなられたと報道がありました。

2022年7月6日 午前10時ごろ、沖縄県名護市でシュノーケリングの器具を装着したままの状態で発見されたとのことです。

高橋和希さんが沖縄に行っていた理由や死因、シュノーケリングをしていた場所について調べました。

この記事で分かること

  1. 高橋和希さんの死因や理由
  2. 高橋和希さんがシュノーケリングしていた場所は名護のどこ?



 

【訃報】高橋和希さんは沖縄に旅行中だった?発見時の様子、死亡までの経緯はどうだった?

2022年7月6日に漫画「遊☆戯☆王」の作者である高橋和希さんが逝去されたと報じられました。

 

 

遊☆戯☆王は最終回を迎えているため、続きが読めない!ということはありません

高橋和希さんはまだ59歳(1963年10月4日)という若さだったため、亡くなるには早すぎますよね。

 

高橋和希さんは沖縄に旅行中だった?

高橋和希さんは発見時に沖縄にいたとのことで、おそらく旅行中だったと思われます。

 

発見されたとき、名護市の沖合で、シュノーケリングの器具を装着している状態だったということで

沖縄の海を満喫されていたのでしょう。

 

レンタカー会社は同署の調べに対し「(高橋さんは)ダイビングが好きで頻繁に沖縄を訪れており、今回も1人で借りに来た」と話しているという

引用:https://mainichi.jp/articles/20220708/ddp/041/060/013000c

 

2022年7月6日 名護市の天気は晴れ→雨

出典:https://tenki.jp/past/2022/07/06/weather/10/50/

 

名護市は午後から雨だったんですね。

 

もぐっていたら、関係ないかもしれませんが、突然のスコール

雨の中、シュノーケリングしていた可能性もありますね。

 

高橋和希さんの発見時の死因は何?死亡までの経緯は?

高橋和希さんは、沖縄県名護市の沖合でシュノーケリングを装着したまま浮いているところを発見されたとあり

お一人でよくダイビングを楽しまれていたそうですが、何かトラブルでもあったのでしょうか。

 

6日午前10時半ごろ、沖縄県名護市の沖合でスノーケリングの器具を装着している男性が浮いている状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。

名護海上保安署によりますと、死亡したのは東京都在住の少年向けの人気漫画「遊戯王」の作者の高橋和希さん、本名、一雅さん(60)だということが7日確認されたということです。

海上保安署と警察は死亡するまでのいきさつを詳しく調べています。

引用:https://www.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20220707/5090019050.html

 

高橋和希さんのご遺体は6日に発見されて、7日に高橋和希さんだとわかったとのことですが

東京からきたシュノーケリング客が、なぜ身元不明になったかも謎ですよね。

そういうアクティビティ系だと、観光スポットで酸素ボンベやウェットスーツなど貸出、戻ってないお客さんがいたら把握してると思われますし。

→0708追記
レンタカー会社から高橋和希さんが戻らないと連絡があったようです

 

高橋和希さんがシュノーケリングをしていたのは名護市のどこ?

高橋和希さんがシュノーケリングをしていた場所は名護市です。

名護市は、からは1時間ちょっと、山と海に囲まれ、自然豊かでアウトドアにはピッタリな観光スポットです。

 

名護市周辺の有名なビーチといえば、こちらの3つが有名です。

  1. ブセナビーチ
  2. 「瀬底島」(瀬底村)
  3. 嘉陽ビーチ

 

高橋和希さんがシュノーケリングしていた場所 候補①ブセナビーチ

住所:沖縄県名護市喜瀬1792 ブセナリゾート内
電話番号:0980-54-1520

 

ホテルのブセナテラスはラグジュアリーホテルとしても有名です。

ブセナビーチは珊瑚のかけらでできた天然ホワイトビーチで、魚の多さや海底に広がる白砂、岩が棚のようになっている地形など幅広く楽しめるそうですよ。

 

 

高橋和希さんがシュノーケリングしていた場所 候補②嘉陽ビーチ

住所:名護市嘉陽41
駐車場:無料

 

 

嘉陽ビーチは、白い砂浜1キロほど広がっており、ダイビングやシュノーケリングだけでなくキャンプで訪れる方もいるようです。

ただ、監視員などもおらず、トイレやシャワー等の施設はないそうで、車が必須の観光スポットになります。

 

高橋和希さんがシュノーケリングしていた場所 候補③瀬底島

住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底
海の家:0980-47-7000
営業時間:4~6・10月:9:00~17:00
遊泳期間:4月下旬~10月中旬

引用:https://www.motobu-ka.com/activity/activity-post-346/

 

 

沖縄本島と橋で結ばれ、豊かな自然に包まれた瀬底島は、周囲8キロの離島になります。

約800mの砂浜が広がる瀬底ビーチ、海の透明度が高く、シュノーケリングではモンガラやルリスズメダイなどの熱帯魚も見られるそう。

 

どこも候補としてはありえそうですね。

 

【訃報】高橋和希さんの死因や理由は何?名護市のどこでシュノーケリングしてたの?まとめ

2022年6月6日、遊戯王の作者である高橋和希(59)さんが亡くなられました。

沖縄県名護市の沖合で、シュノーケリングの器具を装着したまま発見されたそうです。

高橋和希さんが亡くなるまでの経緯については現状でわかっていません。

 

詳細は追ってアップデートをしたいと思います。

 

ご冥福をお祈りします。