効率アップ

クイックアクセスツールバーでリボンを設定し、時間短縮へ

 

クイックアクセスツールバーにショートカットを設定して、時間短縮しています。

クイックアクセスツールバーというのはエクセルをひらくと、左上にあります。設定されてなかったらよく使うショートカットを設定しちゃいましょう。



クイックアクセスツールバーとは

その名のとおり、早くアクセス(して作業を短縮できる)ツールバーとしましょう。

左上にあって、エクセルを開いていても見ない人は見ていないかもしれませんね。

この微妙な▼を押すと出てくるんです。

このコマンド、「Alt」キーと数値を組み合わせることでショートカットキーのショートカットみたいにして使えます。

クイックアクセスツールバーの設定

先程の▼をクリックしたあと、

  1. 「その他のコマンド」をクリック
  2. クイックアクセスツールバーを選択

 

この画面で特にあなたが使っているショートカットを設定します。

 

  • 必要なものを左から右へ
  • いらないものは右から左へ

 

ユーザ設定

ちなみにわたしはこのように設定してます。赤枠部分が必要なもの。

必要ないショートカットも意味があって設定しています。

探し方のコツとしては、ひらがなや漢字の読みで、あいうえお順に並んでいるので、

コマンドの選択(C)でリストから「すべてのコマンド」にしてから選んでみてください。

 

クイックアクセスツールバーの使い方

それでは実際の使い方をご紹介しますね。

エクセルを開いた状態で、「Alt」キーをクリックすると、1 2 3 4・・・と数値が出ます。

 

これは先ほど設定した、ショートカットが上から順に1 2 3 4と割り振られていることを意味します。

 

A支店の合計値タブを全体タブに分かりやすくリンクを貼る

出来上がりがこのような感じとすると

<キーボードの流れ>

  1. A支店タブのD12で「Ctrl + C」
  2. 全体タブに移動「Ctrl + PgUp」
  3. 全体タブD4へ上下左右キー or マウスでカーソルをあわせる
  4. 「Alt + 8」

 

設定は、9,8、2、5,6の順で追加しました。

これは、両手の位置に関係してます。

「Alt」は左手の親指で押して、数値は右手の中指でやっていたので、9に割り当てていて次の、8に割り当てて、もっと付け足したいなと今度は2をつかいました。

2は左手で親指、薬指と押します。

その後、5と6を追加したので、このようになってます。(3と4のほうがいいかもしれませんね)

手が大きい人は悩まず1から割り当ててもいいと思いますよ。